I:CO 、イギリスのカジュアルファッションブランドFatFaceとのパートナーシップをスタート

イギリスの小売り業者FatFaceは店頭で古着や靴を回収し、再利用やリサイクルをグローバルに展開するI:COとともに共同で回収をスタートした。顧客は、着なくなった衣類をブランド問わずイギリス国内のFatFaceの加盟店に持ちこめます。I:COとFatFaceは共通の目標を追求しています。繊維製品の無駄を減らし、製品を繊維ループの中でより長く維持することによって資源を節約し、環境を保護することである。この協力によって、I:COはグローバルネットワークを拡大し続けます。

1月中旬以降、FatFaceの顧客は、ブランド問わず極端な汚れのない不要な衣類を店舗へ持ち込むことができます。そのお礼として顧客はデニムコレクションのデニム購入に対して10ポンドの割引が受けられる。I:COは、FatFaceの加盟店から最寄りのリサイクル施設へ回収された衣類の輸送管理をしています。そのリサイクル施設では国際的な廃棄物に関するヒエラルキーに従い、正確で保証された選別と評価が行われます。すべての衣服は手で選別され、可能な限り最善の方法で分類されます。着られる製品は、中古品として新たな使い道を与えます。 着られない製品はリサイクルされ、他の産業用の製品に加工されます。それらの中には、自動車産業用の断熱材や清掃用の布、または塗料用の着色剤などがあります。
I:COのCEOであるAxel Buchholzは、次のように述べています。
このFatFaceの回収プログラムによって、FatFaceは環境学的な責任を引き受けるだけでなく、最も重要な繊維製品廃棄の課題に対する顧客意識を高めます。顧客の不要となった衣類を繊維ループ内で守る為の良い機会を与えています。
FatFaceはイギリス、アイルランド、アメリカに230店舗以上の商業ネットワークを持ち、成長を続けています。イギリスを拠点とするlabelは、14カ国130以上の衣料品工場と協力しています。FatFaceは信頼に基づいて、供給者との長期的なビジネス関係のために努力しています。FatFaceにとって重要なのは、質と倫理基準に対する彼らの高い期待を満たす回収パートナーとの協力です。 ファッション業界の社会的、環境学的な問題を理解し取り組むことを認識するパートナーです。

I:CO はFatFaceとのパートナーシップに加えてH&M、Vagabond、GUESS、Adidasなどの
60カ国以上40社の回収パートナーを含むグローバルネットワークがあります。

I:COについて
I:Collect GmbH(I:CO)は、古着、靴、その他の繊維製品の収集、リユース、リサイクルに対する国際的な回収パートナーです。
I:COのねらいは、その革新的な回収システムと世界的なインフラにより、消費者の古着と靴をクローズド・ループ(廃棄することなく有効活用していく新しいリサイクルのカタチ)で製品サイクルを維持し、これらの商品を再加工して何度も再利用できるようにしています。この廃棄物は、資源や環境を保護します。I:COは、世界60カ国、40社以上のファッション企業に協力しています。


< Back