アディダスラグのデザインとリサイクル

スニーカーの生産から生じる大量の廃棄物は、AdidasとI:CO、そしてオランダのデザイナーSimone Postの協力のもとに新たな使い道を見出します。
履き古して捨てられたスニーカーはどうなりますか? またそれらはどこに行くのでしょうか?
I:COは、環境汚染の原因となる廃棄物とプラスチックを再利用する創造的な解決策を持っています。
アディダスはこのリサイクルの考え方を自社のスニーカーに適用し、原材料がこれらのスニーカーのゴムに基づくデザイン製品を製造しています。 オランダのDesign Academy Eindhoven卒業で繊維製品のデザイナーであるSimone Postは、ドイツ企業のI:COによって回収された廃棄物を主な材料として使っています。そこからアディダスのラグが生まれました。
柔軟性と耐久性に加え、ラグの見栄えも難題でした。 Simoneの依頼により、I:COはアディダスブランドを連想させるグラフィックイメージを作成するために、素材を白と黒のストライプ柄に細分化しました。
それぞれのラグの模様は、2つの方法で見られます。 遠くから白黒の模様は鮮明で統一されています。 クローズアップすると、かつてスニーカーの一部であった多くの色要素を見ることができます。 これらのテスト結果は、プラスチックをリサイクルする可能性がどれほどあるかを示す一連のすばらしい模範となります。


< Back